出生届とその手続きについて

出生届とは

お二人の間に待望の赤ちゃんが生まれたら、まずはじめに提出しなければいけない書類が「出生届」です。生まれただけではまだ、赤ちゃんは法律上「子ども」として認められていないので、赤ちゃんの正式な「両親」になるために、必ず手続きしなければいけない書類なのです。

出生届の手続きは、赤ちゃんが生まれた日から14日以内にしなければなりません。市町村の役所での受付は、365日24時間いつでも行っています。ただし、閉庁日や時間外の受付は、夜間窓口で受け取るだけで、実際に手続きをするのは翌開庁日となります。

役所では、出生届の手続きだけではなく、乳幼児の医療費の助成、児童手当、国民健康保険に加入している人は、出産一時金や子どもの加入の手続きなども一緒にできる利便性があるので、できるだけ開庁時間に行く方が良いでしょう。また、出生届を出したときには、記念品をもらえる自治体もあります。

出生届の手続きは

出生届は、赤ちゃんが出生したことを国に届け出ることで、日本人として国籍を得るために必要な手続きです。

出生届は、市町村の役所に提出しますが、どこの役所でも良い訳ではなく、赤ちゃんの生まれたところか本籍となるところ、または届け出る人の所在地(通常は住民票登録がされているところ)を管轄する市町村の役所となります。

出生届を提出する人は、原則としては父か母となります。手続き・提出については代理をしてもらうこともできますが、届出人は父か母にしなければなりません。

出生届の右半分は、出生証明書の欄になっており、こちらは出産に携わった病院・医師・助産師等が記載する必要があります。そのため、弊社出生届をご購入された後ご入院の際に、お客様のお荷物と一緒に、忘れずにお持込みくださいませ。

尚届出の際には、、出生届と合わせて母子手帳、国民健康保険に加入している人は健康保険の保険証、本人確認のための身分証明書、そして万一、訂正があったときのため、印鑑を持って行っておくといいでしょう。

人気のデザイン出生届ランキング

「出生届」の手引き