死産届・死亡届の必要書類と手続き

死産届と手続き

妊娠12週を過ぎてしまい、胎児が出生しなかった場合は中絶であることや流産、死産であることなど理由を問わず、死産から7日以内に死産届を提出しなければなりません。

提出先

死産した場所または、届出人の所在地を管轄する市町村の役所。胎児認知をしていた場合、認知届を提出した市町村の役所にも提出する必要があります。また、7日が休日である場合は、休日明けの日までとなります。

届出人

父母、同居人、医師・助産師、その他立会人。

提出書類

  • 死産届:この用紙には、医師等が発行する死産証書、死胎検案書が一緒に記載されています。
  • 届出人の印鑑、身分証明書。
  • 死胎火葬許可申請書。

死亡届と手続き

確かに生まれてこの世に出てきた赤ちゃんが死んでしまった場合、たとえ生きていたのが短時間であっても出生届を提出することになり、また、死亡した日から7日以内に死亡届も提出しなければなりません。

提出先

赤ちゃんの死亡地・本籍地、届出人の所在地を管轄する市町村の役所。

届出人

赤ちゃんと一緒にすんでいた家族(同居の親族)、いない場合はその他の同居人。

提出書類

  • 死亡届:この用紙には死亡診断書又は死体検案書が一緒になっています。
  • 届出人の印鑑、身分証明書。

人気のデザイン出生届ランキング

「出生届」の手引き