シングルマザーの出生届と認知

シングルマザーでの出産の場合、子は母の戸籍に入ることになり、出生届の子の欄は非嫡出子となります。そして父の欄は空欄になります。届出人の資格があるのは母だけとなりますので母が届けなくてはなりません。

子の母親と婚姻関係にない父である人が、その子を自分の子であると認めることを認知といいます。とはいえ、認知されても子の戸籍は母の戸籍に入ったままですし、子が父の姓を名乗れるわけではありません。では認知を受けると何が変わるのでしょうか?それは認知は父と認めることですので、子の戸籍の父の欄に氏名が記載されます。また、法律上、親子関係が生じることになります。ただし親権は母のままで変わりはありません。

法律上の親子関係は法定相続権が発生します。子は父の法定相続人となることができます。仮に全く家族として暮らしたことがなくとも、会ったことがなくとも正当な相続人となることができるのです。また、親は子を育てる義務が生じるので、養育費の請求をすることができるようになります。そして認知後に父と母が結婚すれば嫡出子となります。

子が父の姓を名乗りたい場合は?

子が父の戸籍に入ることが必要です。手続きとして、父から認知を受けなければなりません。認知されたら家庭裁判所に子の氏の変更許可申立書を提出します。この許可を得たのち、子は父の戸籍に入ることになります。戸籍に入ってようやく姓を名乗ることができるようになります。

認知であることが戸籍に記載されてしまう?

これは父も子も記載されることになります。ただし、胎児認知をしても死産であった場合は父の戸籍には記載されません。出生届が提出されないからです。また、父の場合は本籍地を現在の本籍地の管轄外の住所へ変更すれば記載されなくなります。子の戸籍に記載される認知については父母が結婚しない限り記載され続けることになります。

人気のデザイン出生届ランキング

「出生届」の手引き