出生届の書き方

  1. 届出日付
    出生届を市町村役場に提出した日付になります。郵送による届出の場合は、届け出る市町村の役所に問い合わせ、その指示に従いましょう。
  2. 届出先
    提出する市町村の役所の首長あてになります。あらかじめ出生届に記載されているので、市町村名を記載します。
    (例:東京都港区 長殿)
  3. 生まれた子の欄
    子の名前を記入します。ひらがな、カタカナ、常用漢字、人名用漢字から選択します。略字でも旧字体でも、異体字登録されているものは認められてしまうので、正しく丁寧に記載します。
    名前の読み方は自由です。
    注意)提出期限の14日以内に名前が決まらない場合、「名未定」と記載し、その他の欄に理由も記載します。
    その場合、後日名前を追完届で提出する必要があります。
    • 子の続柄
      • 父母が婚姻している場合→嫡出子にチェック
      • 父母が婚姻していない場合→非嫡出子にチェック
    • 男女の該当にチェックします。
      長男、長女、二男、二女、三男、三女、四男、四女等該当するものを記入します。再婚の場合、その夫婦の間で初めての子の場合は長男、長女となります。
    • 生まれたとき・生まれたところ
      出産証明書の記載欄を書き写します。
    • 住所
      住民票登録をするところを記載します。世帯主を記載し、その世帯主から見た続柄(多くの場合、子の父が世帯主であるので、子)を記載します。
  4. 生まれた子の父と母の欄
    父母の氏名、生年月日を記載します。
    • 本籍
      記載された内容が、生まれた赤ちゃんの本籍にもなります。非嫡出子の場合、母の本籍地を記載します。本籍地は、住所表記と異なる場合が多いので誤記載に注意してください。
    • 同居を始めたとき
      同居を始めた日付、または結婚式を挙げた日付の早い方を記載します。
    • 子が生まれた時の世帯の主な仕事
      該当するところにチェックを入れます。
    • 父母の職業
      国勢調査が実施される年に生まれた場合のみ記載します。
    • その他
      子の名前の欄に「名未定」と記載した場合はその理由を記載します。シングルマザーの出産で、母が現在両親の戸籍に入っている場合は、独立して戸籍筆頭者にならなければならないため、新本籍になる旨を記載します。
  5. 届出人欄
    該当する身分にチェックをいれます。
    • 住所・本籍・筆頭者
      それぞれ記載します。
    • 届出人の署名捺印
      届出人は自身の生年月日を記載し、署名、捺印します。
  6. 捨て印
    内容に間違いがあった場合、これを用いて役所の方が訂正しますので、忘れずに押しましょう。

人気のデザイン出生届ランキング

「出生届」の手引き