海外出産と出生届の手続き

現在、海外で出産する人も増えてきていますが、日本で出産する場合と手続きが異なる場合がありますので注意が必要です。

海外で出産した場合、赤ちゃんが出生した日から3ヶ月以内に届け出なければなりません。

出生届は父母の本籍地を管轄する市町村の役所、もしくは出産した国にある日本の大使館、領事館等の長(大使、公使、領事)に提出することもできます。

届出人は父か母になります。

また、出生地で国籍を与える制度を取っている国で出産した場合、赤ちゃんはその国の国籍保持者となり、二重国籍を禁止する日本にあっては、日本国籍を取得できないことになってしまいます。
日本国籍がないと、日本において様々な公的サービスが受けられなくなってしまうので、出生届にあるその他の欄に、日本の国籍を留保すると記入して提出してください。

人気のデザイン出生届ランキング

「出生届」の手引き